人と社会を「繋ぐ」、ユニフォームを考える会社。

一般的に、ユニフォームは作業をするための「備品」として考えられる事が多いですが、
作業場の安全セキュリティー・コーポレートアイデンティティの具現化など実は大きな役割と影響を企業に及ぼしています。
私たちは、長年培ったユニフォームのプロとしての立場から、皆様が本当に必要とする理想のユニフォームをご提案させて頂きます。

戦後まもなくの日本では多くの労働者、特に工場での労働の際に着る「薄青色の作業服」の事を
菜っ葉服(なっぱふく)と呼んでいました。

このことから、戦後の日本の経済発展を支え続けた工場労働者様の精神と歴史。
すなわち「初心」を忘れない姿勢を大切にしております。

また、「78」という数字はラッキー7の「7」と、末広がりの「8」を合わせました。